転職理由 二次面接

転職での二次面接時のポイント

転職理由と二次面接の重要性

転職理由,二次面接

最近では、新たな職場を求めて転職する人が男女問わず増えてきました。転職理由は人それぞれ異なります。例えば、上司や同僚からのパワーハラスメントやセクシャルハラスメントなどを執拗に受けて、それから逃れるために他の教室会社に移る人もいます。 他には、仕事内容が自分に合わなかったり、他にやりたい仕事がある人もいます。さらに、自らのスキルアップのために高い目標を掲げて転職する人も多く見られるようになりました。 このように、転職理由は人それぞれ違っていますが、新しい職場を求めて日々転職活動を行っているのです。 まずは、履歴書や職務経歴書を送付して、書類選考に通ると、一次面接や筆記試験を行います。一次面接では、応募者の志望動機や自己アピールなどを聞かれることが多く、これに受かるといよいよ二次面接に進みます。 二次面接では、一次よりもさらに深く厳しい質問をされることが多く、当たり障りのないマニュアル通りの受け答えではなく、自分の言葉でしっかりと答えることが重要なのです。 二次面接で重視されるのは、プレッシャーのかかる場面でも、臨機応変に自分の考えや信念を持って相手に伝える能力の高い人材かを見極めているといえます。 316

押さえておきたい転職理由の準備

転職理由,二次面接

転職をする際、新しく応募した企業から転職理由を聞かれるのはほぼ100%だろう。 転職に踏み切ったをいうことは、自分なりの理由があって転職したのでありましょう。頭の中では転職理由がまとまっているつもりでも、いざ声に出して相手に伝えようと思うと、これが思うようにいかないんです。 なので、自分を過信せず、転職理由の準備をすることが必要になってきます。 まずは、頭に浮遊している転職するにあたった経緯や動機などを、一枚の紙に書き出してみます。 ここでは頭の中から出てきた物事や言葉をそのまま紙に書き出します。 書き出し終わったら、そこから肉づけをしていきます。そこで自分は何を学んだのか。大切なのが、その学んだこと、経験を生かして、次にどう生かしていくか。ここを問われることが多いのです。 誰しも失敗はあります。その失敗が、次にプラスになるように活かせる、そしてなにより自分自身でその術を導き出したなら、それを熱意とともに面接官に伝えるべきなのです。 転職理由の準備をするのとしないのでは、面接の際に雲泥の差が出てきます。心の安定感も違ってきます。仮に、実を結ばなかったとしても、自分の中できちんと準備をし全て出し切ることができたのであれば、後悔よりもさらなる経験値がついてきていることでしょう。 317
 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ
318